大和計画で逝こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 大和計画 1941入門編

<<   作成日時 : 2017/05/21 21:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

太平洋戦記3のパワーアップキットである『大和計画』の大東亜戦争(入門編)をプレイしていきます。今回はプレイ環境のレシピを紹介する内容です。次回からゲームの進捗を報告していきますのでよろしくお願いします。

・シナリオ設定
画像


入門編の“のれん”をサラッとくぐろうと思うのでエディタ(兵器の性能や根拠地の兵力を変更できる機能)は使用しません。シナリオ設定も基本設定を尊重しますが、以下の設定を変更します。

・艦船解体 順次
・大破着底ルール 使用しない
・航空機自然損耗 OFF

僕個人の性格が反映されている設定です。艦船が一括で解体される方がラクですがそれは無しで、大破着底ルールを使用しないのは根拠地に在泊している輸送船を撃沈したいからです。こちらも同様のリスクを背負いますが、連合軍の初期段階で展開される根拠地への戦力補充を少しでも遅延させたいのです。積極的に輸送船団を襲撃していきます。航空機の自然損耗をONにした方がリアルだと思いますが、定数を気にする性格上どうしても面倒くさい。この辺は前線司令部が自動で補充していると妄想で補完する事にします。

・戦闘解決設定
画像


地対艦砲撃基本命中率を日本軍と連合軍共に40%としました。要塞砲による艦船砲撃の被害を少しでも緩和したいという僕のエゴです。

・戦略奇襲
画像


戦略奇襲とはゲーム開始後、連合軍司令部が混乱により7〜9コマンド行動出来ないという特典です。アメリカ国民を激怒させてしまいますが、「有り」を選択します。ふふ…。

・艦隊再配置
画像


大和計画というif設定をやるなら、ここは割り切って艦隊の編成を自分好みにしてしまいます。初の試みとして@の機動部隊を高雄に配置しました。真珠湾奇襲攻撃を完全に戦略として捨てたのです。Bの比島攻略部隊も洋上配置から高雄へ変更しました。CとDの部隊はカムランへ配置しマレー半島への奇襲上陸という戦略も放棄します。角田部隊は高雄へ配置しました。主力部隊である戦艦群はカムランへ配置し英東洋艦隊との艦隊戦への備えとします。

太平洋戦記3は敷設艦や掃海艇まで再現されており、防空基幹船や陸軍籍の艦船まで網羅しています。ですから、自分さえその気になれば駆逐隊(駆逐艦3〜4隻から編成される部隊)を史実通り編成し運用することまで出来てしまうのです。恐ろしくマニアックなこだわりを表現できてしまいます。

以上の艦隊再配置の意図はおいおい説明しますが、僕は基本的に史実の水雷戦隊の編成を生かして部隊を編成していきます。すなわち、41年の連合艦隊編成では第1から第6の水雷戦隊が編成してあり、それらの部隊をなるべく崩さず運用していくという、とても面倒なことをやっていきたいのです。

・商船リアルモード
「大和計画」で新たに導入された追加ルールですが、今回は使用します。今まで重油を節約する為、極力高速輸送船を使わず運用しておりましたが、どのように変化するか興味深いです。

・イ式重爆の変更
これも試しで変更してみます。

・空母大鳳の変更
今回は変更対象にしないでやってみます。

・大和計画の独自ルール
画像


いよいよお待ちかね?の大和計画の本丸である大和型の変更です。41年シナリオでは大鳳を除けば4隻の大和型を選択肢の中から好きに選べます。そして、僕の選択は以下の通りです。
画像


翔鶴型空母「大和」を選択しました。名前をそのまま「大和」と「武蔵」と変更した次第です。どうせなら信濃型空母に変更すればもうちょっと格好がつくのですが、空母信濃だと開戦に間に合わないので断念しました。

もうちょっとマニアックな理由として、大和建造費の予算であったB計画(第三次海軍軍備補充計画)には翔鶴型空母も含まれており、戦艦を造らず空母を造るならやはり翔鶴型のほうが自然だと思いました。

この選択の結果、多くの戦艦浪漫派の支持を失いブログの閲覧者が減ってしまうと思います。でも、今回の大和計画でどうしても選びたい戦艦が見つかりませんでした。ですから空母を建造して開き直った次第です。
画像


しかし、諦めも悪く僕は「超甲巡」であるB65設計案を空母「大和」の出渠後建造することにしました。1941年第5ターン時に「新高」を建造しましたが、計画では2番艦である「富士」も建造する予定です。果たして活躍できるかは全くの未知数ですけど。

・プレイ条件

ゲームをすすめるに当たり以下のような“縛り”を設けました。
画像


・艦船の対空兵装強化をするために、対空兵器である21号電波探信儀(レーダー)を開発完了後大型艦(戦艦・空母・巡洋艦)の対空兵装強化を解禁。

・13号電波探信儀の開発完了後に小型艦の対空兵装強化を解禁。

・イ号誘導弾(空対艦ミサイル)開発完了後、積極的に使用する。

レーダーを開発しなくても艦船の対空兵装は入渠して強化はできます。でも、今回は敢えてこのような縛りをします。イ号誘導弾は4式重爆で運用する事も厭わない覚悟でいます。毎回のことですが、僕は基本ノーリセットでゲームをすすめるので、キャンペーンだと艦船が壊滅する可能性があります。特に今回は空母が戦力の主力です。一応の保険として誘導弾の使用は解禁とします。

以上の条件で今後トライしていきます。次回以降よろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大和計画 1941入門編 大和計画で逝こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる