アクタの芥

アクセスカウンタ

zoom RSS シン・ゴジラ

<<   作成日時 : 2016/08/11 16:52  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


7月29日に劇場でシン・ゴジラを観てきました。総監督が庵野秀明さんだったり何かと話題のある作品ですが、細かい事はここでは書きません。映画を観終えた直後は放心状態というか情報に圧倒されてしまい思考が停止してしまいましたが、冷静になるに従ってもう一度映画館に行きたい気持ちが強くなりました。

ここから先、ちょっとネタバレを含みますのでご注意ください。

この映画は色々なテーマで語れる重厚さを備えています。3.11や原発問題に日米安保など、今までの特撮映画で致命的に欠けていた要素であるポリティカル・フィクション(政治的な仮想)の映像化に成功していると思いました。実例を挙げると自衛隊の武器使用を許可するプロセスを克明に描いていたり、民間人の避難が完了していないと自衛隊は1発も打てなかったりと、今までの怪獣映画が無視してきた“現実”をことごとく映像化しています。この部分だけでも庵野監督は非常に評価されるべきです。

僕が衝撃を受けたもうひとつはゴジラの上陸進路です。湘南海岸から上陸することはメディアで紹介されていますが、この進撃進路は太平洋戦争で計画されていた米軍のコロネット作戦の進路と一致します。映画の随所で太平洋戦争を想い起させる描写はありますが、これ程ストレートに戦争と災害を結びつける映像もそうはないでしょう。太平洋戦争末期、このコロネット作戦に動員される予定だった米軍の兵力は100万とノルマンディー作戦の比ではなく、更にサリンガスを使用することまで米軍は決めていたのです。このような恐ろしい作戦と同じ進路で進撃するゴジラを観ていて本当に恐怖でした。

まだ観ていない方も、「シン・ゴジラ」は本当におすすめです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シン・ゴジラ アクタの芥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる