アクタの芥

アクセスカウンタ

zoom RSS 太平洋戦記3 大和計画

<<   作成日時 : 2016/07/03 23:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


2016年7月某日。ついに太平洋戦記3のパワーアップキットである『大和計画』が発売されることになりました。詳しくはGSさんのホームページで確認して頂ければと思います。興味と関心のある方は是非閲覧してください。よろしくお願いします。

今回のパワーアップキットのお題は戦艦大和を自分色に染めることでありますが、もうひとつ「リアル商船モード」というお題があります。商船の出力機関の違いを燃費で差をつける試みのようでして、ディーゼル機関とタービン機関ではディーゼルの方がお得となっております。僕にとって具体的なのは今まで燃費が悪いと嫌っていた高速輸送船が実は燃費の良いディーゼル機関だったことになり、今までより高速輸送船の使い勝手が良くなることになります。反対に戦時中に量産された戦時標準船などが旧式のタービン機関だったため燃費が悪いということになるそうです。私事ですが、我が愛車デミオもクリーンディーゼルで燃費も良かったりしますので何となく嬉しくなります。まあ軽油(デミオ)と重油(輸送船)という油種の違いがあると思いますので関係はない関連付けでして、ご愛嬌としてお許しください。

史実に対しどこまでも真摯な対応をして下さるGSさんの商品開発には本当に感服します。

画像


さて、大和計画のキモである14艦型に及ぶ性格の違いですが、僕は以前試みた計画を可能な限り再現してみたいと考えております。

画像


太平洋戦記3では「新高」として再現されているB65型の超甲巡ですが、本当ならマル5計画で建造される予定でした。この艦は夜戦の切込み番長として設計されたそうですが、空母機動部隊のエスコートにピッタリだと個人的には思っています。僕の考えでは戦艦大和を建造するなら機動部隊のエスコートが可能な高速戦艦を造ってみたいのです。

画像


以前GSの阿部デザイナーがお話ししていましたが、米戦艦アイオワ型ははじめから空母機動部隊の護衛艦として建造された戦艦だったそうで、それゆえの高速戦艦という性格らしいのです。

画像


真珠湾奇襲攻撃により大艦巨砲主義に終止符が打たれたとアメリカが認識した証拠にモンタナ型建造キャンセルという事実があります。このモンタナ型こそアメリカ海軍が用意した“対大和”を意識した戦艦だったらしく、それを建造しなかった事により戦艦大和はライバルの存在しない戦艦となってしまったのです。

以上の史実を踏まえて、僕は“高速戦艦大和”の誕生をみてみたい気持ちがあります。果たして希望に近い大和が計画案にあるか?今からドキドキです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

早速昨日買って、触っただけですが…大和型で艦隊決戦!って方には高速を選ぶか、安さを選ぶか、燃費を選ぶか悩ましいかなと。排水量の少ないD型やK型を選んで翔鶴型を戦艦に変更すれば42年中に46センチ砲搭載戦艦が4杯出来ますから(防空用に軽空母への改装艦の早期建造である程度カバー出来ますし)。

むしろ厄介なのは輸送船の燃費変更モードですかね。中国大陸打通して鉄道を早期に引き直しておかないと、私のような多少チートして資源増やす派の人間でも間違いなく死ぬかなと。39年はまだしも、41年だと燃費の良い高速輸送船を大量建造するわけにはいかないですし。

ドイツ機は…あんまり使わないかな。まあ42から43年中にJu88や87スツーカの後期タイプなら使い勝手もありますし、He111Hは雷撃出来るので。
綾波雪風
2016/07/10 05:43
綾波雪風 様

いつもコメント頂きありがとうございます。ついに発売されましたね!!早くも内容の検討という果実を味わっていらっしゃるようで羨ましいです。

輸送船のリアルモードは今後の課題となりそうですね。阿部デザイナーがおっしゃる通り、とにかく高速タンカーや輸送船を失わない戦いを努めることが重要なのかもしれません。それでも戦時標準船では長期戦を乗り切ることが厳しいということは、より史実に近づけたということかもしれませんね。

それだけ僕にとってハードルが上がると言うことでしょうか(汗)
アクタ
2016/07/10 22:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
太平洋戦記3 大和計画 アクタの芥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる